>  > 悶々としていると告げた人妻風俗嬢と

悶々としていると告げた人妻風俗嬢と

この前人妻風俗嬢と一緒したときのことです。半年も旦那に相手もされずに悶々としている、なんてことをポツリと漏らしました。一応は風俗嬢なので、指名客取るための誘い言葉なのかと思いましたが、たとえ嘘でも興味をそそられてしまうもんです。いやらしく求められるようなプレイが、期待出来るというわけで。とりあえずはもしも真実ではないにせよ、その言葉に乗ってみようと思いました。確かにその人妻さん、積極的にこちらに攻めてくる、というよりも奉仕してくるようなプレイをしてくれました。いじりまくり、咥えまくり、イカしまくり、というわけです。攻守交替してこちらが攻めてみれば、反応もビクビクと敏感に返してくれました。気分の盛り上がるプレイを提供してくれた感じです。せっかくならば同時イキしたいということで、69でのフィニッシュを申し出たところ、嫌がることなく応じてくれました。と言うよりも、自分からすすんで跨ってきた、という感もあります。人妻さんはガクガク腰を震わせながら、そしてこちらは腰をビクビク浮かせながら、同時イキをさせてもらいました。真意はどうだか最後までわかりませんでしたが、気持ちのいいプレイであったことには変わりありません。

ホテへル風俗嬢からパンティーを頂く

オプションで頼んだわけでもないのに、ホテヘルの人妻嬢からパンティーをもらうという珍体験をしました。箱ヘル風俗とかならもしかしてそういうこともあるのかもしれませんが、ホテヘルでパンティーをもらうというのは何かのメッセージなんですかね。そう思って電話番号とか書いてないかを確かめたんですけど、本当に普通のパンティーでした。例えば入室した風俗嬢がその場でパンティーを脱いでプレゼントだと「店のサービスか何かなんだろうなぁ」って分かるじゃないですか?でも全て終わったあと、「これ、宜しかったら記念に」ってパンティーだけ頂いたんです。今考えると笑えるシーンだと思うんですけど、本当に別れ際だったので、お礼を言ってそのまま受け取ってしまいました。それが彼女の履いていたものかも分からないですし、彼女がノーパンのまま帰ったのかも謎です。悪友とも議論したんですけど、謎は深まるばかりでしたね。やっぱりもう1度あの人妻さんと再戦して、真実を確かめるべきなのでしょうかね。

[ 2016-06-05 ]

カテゴリ: 風俗体験談